もりびと協会

トップページ   >   もりびと協会

芦生もりびと協会
法人概要

(一般社団法人)芦生もりびと協会とはこれまで芦生研究林が担ってきた林内で活動するガイド・団体の取りまとめと一般利用者への入林管理業務を、移管される研究林に隣接する地域住民らが主体となった唯一の団体です。

芦生もりびと協会法人概要

所在地

南丹市美山町芦生スケ尻14−2
芦生自然学校内
0771−77−0588
(当面芦生自然学校事務局と兼用)
※専用回線を引き込む予定
FAX: 0771-77-0584

事業内容

芦生もりびと協会は、京都大学と連携し、 芦生研究林の豊かな自然を守り生かすことを目的に活動を行い、 その周辺地域に住む人々が自然と共生し、 持続的かつ循環的な自然環境および社会環境が実現すること を目指して活動をおこなっています。

活動内容

(1)研究林への入林および利用調整に関する事業
(2)研究林で活動するするガイドの養成、研修、登録に係る事業
(3)研究林の環境保全を図る事業
(4)研究林に関する情報提供及び情報発信に関する事業
(5)豊かな自然を守り生かすことを目的とした事業
(6)地域住民を対象に芦生の森の魅力を伝える事業
(7)その他前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業

メンバー

美山ふるさと株式会社、有限会社芦生の里、針畑活性化組合
特定非営利活動法人芦生自然学校(2016年3月現在)

代表理事
鹿取悦子((特非)芦生自然学校)

理事
今井崇 ((有)芦生の里 芦生山の家)
今井尚 (針畑活性化組合)
高御堂厚(美山ふるさと(株))